12月20日(日)のプログラム

時間 12月20日(日) プログラム

9:30-11:05

Rising Stars Session
座長 高知大学医学部臨床疫学講座 教授 佐田 憲映
   慶応義塾大学医学部 医学教育統轄センター 准教授 春田 淳志

高次元オミクスデータを用いた臨床研究と個別化医療の未来像
耒田 善彦
マサチューセッツ総合病院救急部 リサーチフェロー
>>プロフィール

日本のアドバンスケアプランニングー混合研究法で広げよう、研究の幅
宮下 淳
福島県立医科大学白河総合診療アカデミー 講師
白河厚生総合病院総合診療科 副部長
>>プロフィール

臨床疑問を研究で解決するには
藤井 智子
東京慈恵会医科大学麻酔科集中治療部 診療副部長
>>プロフィール

11:05-11:15 休憩・ZOOM会場移動 
※事務局にて事前にご登録いただいたデモンストレーションに振り分けさせていただきます。
11:15-12:15 臨床研究教育プログラム デモンストレーション2
高知県臨床研究フェローシップ
北海道家庭医療学センター フェローシップコース
京都大学医学部附属病院 臨床研究教育・研修部医療者のための臨床研究遠隔学習プログラム CLiP Extension
福島県立医科大学 白河総合診療アカデミー 臨床研究フェローシップ
橋本市民病院 臨床研究支援プログラム
12:15-13:00 休憩
13:00-14:00

Secrets of my Research Success
座長 草場 鉄周
医)北海道家庭医療学センター 理事長

研究ではよいメンターを探せ
徳田 安春
群星沖縄臨床研修センター長
>>プロフィール

「臨床研究は現場から」は本当か?
松島 雅人
東京慈恵会医科大学・総合医科学研究センター・臨床疫学研究部 教授
>>プロフィール

「見えそうで見えないものを見てみたい」
尾藤 誠司
国立病院機構 東京医療センター 総合内科 医師
>>プロフィール

14:00-14:05 ZOOM会場移動
※お申込みされたワークショップ/レクチャーにご移動ください(「視聴ページ」のオンレジ色のボタンをクリック)。
14:05-16:05 Workshop・レクチャー一覧
Workshop① 混合研究法
井上 真智子 浜松医科大学地域家庭医療学講座 特任教授
※人数制限あり(24名)
>>詳細はこちら
Workshop② 傾向スコア いつ使う?どう使う?
福間 真悟
京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻 特定准教授
京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム(K-CONNEX)
※人数制限あり(30名)
>>詳細はこちら
Workshop③ 統計モデリングを理解しよう ~DAGを使いながら~

宮越 千智 神戸市立医療センター中央市民病院小児科・新生児科 医長
山崎 大 京都大学 医学研究科 地域医療システム学講座 特定講師
※人数制限あり(30名)
>>詳細はこちら

Workshop④ こんな時どうしてる?誰も教えてくれなかった研究メンタリング

金子 惇
横浜市立大学医学群データサイエンス研究科ヘルスデータサイエンス専攻 講師
同 プライマリ・ケアリサーチユニット
浜松医科大学 地域家庭医療学講座 非常勤講師
片岡 裕貴
兵庫県立尼崎総合医療センター 呼吸器内科医長 ・臨床研究推進ユニット ユニット長
※人数制限あり(20名)
>>詳細はこちら

レクチャー ※人数制限なし

レクチャー① 臨床研究デザインから学ぶ論文執筆:10の視点
栗田 宜明 福島県立医科大学 大学院医学研究科 臨床疫学分野 特任教授
>>詳細はこちら

レクチャー② 査読対応
若林 秀隆 東京女子医科大学リハビリテーション科 教授
>>詳細はこちら

16:05-16:15 Closing Remarks
大会長 柴垣 有吾

12月19日(土)のプログラム