在宅医療における臨床研究の進め方
宮下 淳
福島県立医科大学 白河総合診療アカデミー

量的研究は、要因とアウトカムの関連を検証したり、有病割合を記述する研究です。しかし、量的研究によって要因とアウトカムに関連やある疾患の有病割合が分かったとして、なぜそのような関連が生じるのか、まぜその程度の有病割合が生じるのかについてはブラックボックスです。一方で、質的研究は、プロセスを明らかにする研究で、臨床現場で起きている現象を可視化することができます。量的研究と質的研究を組み合わせることで、研究者が知りたい量的な結果(要因とアウトカムの関連や有病割合)がわかるだけでなく、同時にその結果を取り巻く現象やその結果が生じるメカニズムを可視化することが可能になります。本セミナーでは、量的研究の強みと質的研究の強みを最大限に生かして両者が相乗効果を生み出すような洗練された混合研究をデザインする為に、どのようにリサーチクエスチョンを構造化すればよいかを学ぶことを目的とします。

copyright © Primary Care Research (PCR) Connect 第4回年次集会 All Rights Reserved